05 Feb物忘れが増えてきた

物忘れ、集中力の欠如も更年期の悩みのひとつです。

女性の更年期は40代後半~50代前半、閉経を迎える前後の期間です。
このくらいの年齢になると卵巣が衰え女性ホルモンの分泌量が減ります。
そのため、ホルモンのバランスが崩れ様々な症状が引き起こされます。

そのひとつに物忘れがあります。

人の名前がとっさに出なくなる、物を置いた場所を忘れてしまう、
買い物での買い忘れが増えてしまうなどの症状に悩まされている人は沢山います。

こういった物忘れが増えてくれると脳の病気やアルツハイマーを疑う人も多いですが、
実は更年期障害が原因ということも。
また「年のせいだから証がない」と決めつけないことも大切です。

更年期障害が原因で起こる物忘れは一時的な症状で、
適切な治療を受ければ改善することができます。
気になる症状がある場合、まずは医療機関で相談してみましょう。

また、運動をする、ストレスをためない、音楽などを聞いて脳を刺激することも
物忘れを解消する効果があります。
食生活では肉中心よりも魚、特にDHAやEPAを多く含む青魚を積極的にとりましょう。

更年期障害の治療として一般的なのはホルモン注射を使ったホルモンの補充ですが
生活習慣や食生活を改善することで更年期の悩みが解決できることもあります。

Comments are closed.