08 Aug冷えの悩みについて

更年期で困るのが冷えではないでしょうか?

私はほてりも激しかったのですが、同様に冷えも襲ってきました。
なんとも表現しがたいのですが、わがままな体になったなあと感じたことがありましたね。

冷えが起こってしまう原因は、血管系の自律神経が乱れてしまうためです。
更年期はどうしても自律神経が乱れてしまうので、冷えが進行してしまうわけですね。

更年期で代表的な症状といえば、ホットフラッシュなわけですが、
実はホットフラッシュと冷えはまったく同じ原因なんですよ。

つまり、冷えが起こってしまうと、ホットフラッシュが起きやすくなるということです。
表裏一体というかそれぞれつながっているイメージと言ったほうがいいかもしれません。

このメカニズムは非常にシンプルなもので、
体が冷えることによって、心臓は体を温めようとするためです。

それだけ多くの血液を送ることになるので、
冷えにしろホットフラッシュにしろ起こるというわけです。

ですので、冷えが起こる人は間違いなくホットフラッシュにも悩まされているはずです。
熱くなったり、冷えたりするため精神的なダメージが大きいですよね。
しかし、これは自然なことなので特に気にすることはありません。

あまり深く考えないようにするのが一番だと思います。

冷えを甘く見てはいけない!

あまり気にしないほうがいいと書いたのは、あくまで精神的な負担を減らすためです。
勘違いしてほしくないのは、冷え自体を甘くみてはいけないということです。

冷えが発生するのは血流が悪化するためですが、
ホットフラッシュの場合は頭に血が上ってしまうためです。

特に注意したいポイントは、冷えの悪化を防がなければならないということです。

なぜなら、冷えが悪化すると更年期特有の症状がすべて悪化する可能性があります。
特に代表的なのが関節痛や肩こりが悪化してしまうことでしょう。

これによって、しびれなどもひどくなる可能性があるので注意しましょう。
いずれにしても、冷えが悪化してしまうと痛みが強くなる傾向にあります。
私も冷えを甘く見ていたがために、腰痛が悪化した経験があり大変でした。。

冷えは体のダルさなども誘発するので、決して甘く見てはいけません。

本人にとっては辛い症状が多く誘発されると、
生活が困難になるので注意するようにしてくださいね。

 

Comments are closed.